福岡から各地へ

福岡県内から出ている高速バスは、主要な地域へと路線が伸びていますので、かなり広い範囲をカバーすることができます。近場で言うならば熊本県や長崎県、鹿児島県といった九州地方はもちろん、関門海峡を渡って中国、四国地方へも伸びているだけでなく、京都や大阪などの関西地方、愛知県や静岡県といった中国地方、そして首都東京へまで行くことが可能です。

高速バスが持つ唯一のデメリットは時間という問題で、さすがに新幹線や飛行機にかなうわけではありませんので、高速バスを利用する際には時間に注意しなければなりません。長期の乗車ということになると、座り続けている身体への負担も考えなければなりませんが、利用する高速バスによっては、シートが広々としていて負担も少なくて済んだり、スリッパを貸し出していたりしますので、窮屈さを感じさせない配慮が行き届いている高速バスもあります。

夜間に運行している高速バスの利用についても検討をしておくのがおすすめで、長距離での利用であれば車内で睡眠を取るようにするのも良いでしょう。夜に福岡を出て運行中は睡眠、朝起きたら目的地に到着しているというように、睡眠を挟むことで時間を気にしなくても済みます。